小説

偶然でも必然も、文章に触れることで

何かが変わればいいと思います。

僕はそんなこと願って今日も文章を書いています。