『ノルウェイの森』方式



ハローです。高木です。グラッツェです。プロントです。ケニーです。





今回のタイトルにもなっている「ノルウェイの森」はイタリアを含めた欧州で書かれた作品です。



ということで、イタ車の代表格であるFIAT500(通称:チンク)の写真を見つけてきましたよ。



いや〜、チンクはかわいいですね〜。今にもルパンが乗り込んできそうです。♫



閑話休題。



村上春樹さんが『ノルウェイの森』を執筆していたとき、



彼ら(彼と奥さん)は欧州にいました。



そして、彼は大学ノートの上につらつらと物語を立ち上げていきました。




この方式を真似る。




今回、僕が長編を書くにあたって、



これと同じ方式を取り入れてみることにしました。



つまりは、PCではなく、ノートに書くということです。



ちなみに僕の持っている万年筆はモンブランではなく、1,000円のPilot製です。笑

(のちにLAMY:2,000円に代わります。ペン先が壊れてしまったので、、。)



っで、相変わらず「ハルキ式」は採用するわけですよ。



【ハルキ式】

---------------------------------

・毎日同じ時間に書く。

・毎日同じ分量を書く。

・毎日運動をする。

---------------------------------



で、以前僕が短篇を3本書いたときは



1日4,000字を目安に書いていたんです。



PCなら字数カウントができるので、



つらつら書いていればそれでいいんですけど、



ノートだとそれが分からんのですよ。




どうやって数えるの?




ということで、今日、実験してみました。



・ノートにつらつらと文章を書く。

・それをPCに打ち込んでみる。

・その文字数を把握する。



これをだいたいノート3ページ分くらいやって、



「1,500字/1ページ」くらい書ける、ということがわかりました。





人によって文字サイズって違うから、



自分のことを知る上でもこの実験は重要でした。



(理工学部にいた僕は実験が大好き。笑)



ということで、ここに、新たな執筆方法が確立されました!



その名は【『ノルウェイの森』的執筆法】!



---------------------------------

・毎日同じ時間に書く。

・毎日2ページ書く。

・毎日運動をする。

---------------------------------



はい。以上です。笑



(まったく伝わってないかもしれませんが、私は大変コーフンしております!)



ちなみに中国語で書くと、



『ノルウェイの森』的執筆法

   ↓↓↓

『威的森林』的執筆法



うーん、いい感じ。笑





こうやって日々、実験して、振り返って、修正しながら、トライしているんです。



ビジネスの世界でいうところのPDCAサイクルみたいなもんですかね。



そう考えると、今までビジネスの世界でバリバリやってきたことも、



決して無駄になってないな〜、と思う今日この頃、昨日はその頃、どうしてたあの頃。



文章に限らず何かをやってみるときって、



こんなふうに、◯◯式を作ると結構楽しいかもしれませんね。



では、また次回!



さてと。




言葉のちから

僕らの言葉と想いと行動が きっと世界を変えていく 少しだけいい方向に

0コメント

  • 1000 / 1000