今年の9月に書いた文章です。

今回は誰にこの言葉が届くのでしょう?

さてと。

言葉のちから

目標がなくなったとき。



それはあなたが成長したという証。



それはあなたが以前の場所から幾ばくか進んだ証。



また同じパターンだ、と思ってヘコんだり、



同じ場所に戻ってきてしまった、そんな気がしていても、



あなたが以前描いていた目標なり、場所なり、夢なりは、



少なくとも「なんらかの形」で達成されている。



それは愛に関することかもしれないし、



それは子育てに関することかもしれない。



それは仕事のことかもしれないし、



それはお金のことかもしれない。



でも、あなたは頑張ってきた。



それは間違いない。



そして、そのことを誰も知らないかもしれない。



でも、「あなた」は知っている。



あなたがそこまで、進んできたことを。





途中でペースが乱れたり、足が止まってしまったこともあっただろう。



ヘトヘトになって、ひと目につかないとこで、腰を降ろしたこともあったかもしれない。



でも、あなたは今、以前とは別のところにいる。



たとえ、周りに見える景色が、以前と変わっていないように見えたとしても、



あなたの「内的な部分」は、きっと違う。あなたの内部は確実にそこまで動いてきたのだ。



つまりあなたは、その「心」をそこまで運んできたわけだ。



今はただ、それで充分じゃないか。



その手触りを持って、その感触を確かめて、次に進むべき方向を見極めよう。



次に目指すべき場所を探そう。次に会いたい人を見つけよう。



きっと、あなたにはそれができるはずだ。



体勢を立て直して、自分自身にもう一度問うてみる。



さぁ、あなたは次に、その心をどこに運ぶ?


https://www.kotochika.com/posts/2952434

0コメント

  • 1000 / 1000