10万字のインテイク。



2017年の12月から僕は「書き写し」をやっています。



書き写しとは、優れた作家さんの文章をただ、書き写すことです。





昨年11〜12月にかけて、僕は「小説の書き方講座」に通っていました。




そこでお世話になった先生が、



「良い文章を書きたければ、良い文章を写すといいよ」と教えてくれたのがキッカケです。



単純な僕は、それから毎日30分、コツコツと書き写しを始めたのでした。


 

題材は授業でテキストとして配られた村上春樹さんの小説。 


 

風の歌を聴け、世界の終わり、



国境の南太陽の西、海辺のカフカ、1Q84、



騎士団長殺し、100%の女の子、



フォークロア、最後の午後の芝生、



卵と壁、、それに各種エッセイ(そして別冊短編「沈黙」)。



(↑全国の中学生・高校生用のテキスト:1冊200円)



※中高生向けにしては、結構「重めな」お話です。


 

それらの抜粋をただひたすら書き写したのです。



そしていつの間にか10万字を越えたんですが、



個人的には、けっこう良い習慣になってきたので、



続けてみようと思っている今日このごろなのです。



ということで、テキストを追加で購入。


↓↓↓




 

こんなことに意味があるのかなぁ、と思っていましたが、



最近また自分で小説を書きはじめてみて、



「なるほど、これは意味があったかもな」と思える場面が少なからずあるように思います。



(先生、ありがとうございました。)



今はまだ「借り物」の「文体」かもしれませんが、



表現してみたい世界観は僕の中にはっきりとあるので、



それをいつか満足のいく形で書ききれるよう、



引き続き、文章的鍛錬をおこなっていきます。



引き続き、よろしくお願い致します。



2018年2月28日 髙木建之介



言葉のちから

僕らの言葉と想いと行動が きっと世界を変えていく 少しだけいい方向に

0コメント

  • 1000 / 1000