それ、いらないんじゃない?

2月に書いたブログを再掲しますね〜(なんとなく)。


僕らが今、手放さなければならないものって、


いったい何でしょうね?

言葉のちから

「いらないんじゃない? 」〜人生を旅するあなた〜



今日はめずらしく、昨日の送ったメルマガを写真つきで転載します。



お楽しみいただければ、嬉しいのですが、、。



それではどうぞ☆



↓↓↓



こんばんは、ケニーです。



最近、石田ゆり子さんの書いた「Lily」というエッセイ本をほっこり読んでいます。





その中に「いらないんじゃない? 」というタイトルの話があり、



そういえばカナダに1年間行くことを決め、その準備をしていたとき、



この言葉をよく自分に投げかけていたな、とふと思い出しました(2011年のことです)。



あのときは荷物をパッキングする際に、どれも「必要なもの」のように思えたし、



どれもまったく「必要のないもの」のような気がしたものです。



「これ必要かな?もしかしたら、いらないんじゃない?」



そんな自問自答を繰り返していたのです。





あのとき僕が、「小説家」というアイデンティティーを持っていたのなら、



きっと、それを基準にして持っていくものも選んでいたでしょうし、



現地での行動も、振る舞いも、そのアイデンティティーに基づいたものになっていたと思います。



しかし僕がカナダに行こうとしていたあのとき、



僕が自分の中心に置いていたアイデンティティーは「起業家」でした。



僕は現地で「釣り関係のビジネス」を作って、いつかカナダに移住したい、と安直に考えていたのです。



でもその「起業家」というアイデンティティーがあったからこそ、あんなに無茶ができたと思うと、



そのアイデンティティーが愛おしく思えてきたりします。





あなたの今の行動を定義しているのは、



あなたが中心に置いているそのアイデンティティー(キャラクター)です。



自分を何者と思うか?によって、あなたがその「人生という旅」で、



カバンに詰める物も、旅先で訪れる場所も、そこでの生活スタイルも、



きっと大きく変わってくるはずです。



しかし、たとえあなたが何者で行こうとも、それは必ずあなたの「本当の望み」に沿って進み続けています。



だから安心して、進めばいいと思うのです。



僕らはきっと、目の前の人や出来事に、導かれているはずですし、



なにより、あなたはどこに行ったって「あなた」なんですから。



だからもっと気楽に進みましょう。



それでは今日もこの辺で。



きっと明日も良い日です。



Kenny



--------------------

(メルマガの内容ココまで。)



メルマガ登録はコチラから



そういえば、カナダでのことを昔ブログに書きました。

↓↓↓

https://www.kotochika.com/posts/3711702

言葉のちから

僕らの言葉と想いと行動が きっと世界を変えていく 少しだけいい方向に

0コメント

  • 1000 / 1000