言葉たち。

2年も前に書いた言葉だけど、


今もだいたい、同じことを考えて書いています。

言葉のちから

言葉。



いつも、なんとなく、書き始める。



文字がつらなり、単語になって、



単語が重なり、文になる。



文と文が行間を生み、



その行間に「思い」が詰まって、文章になる。





いつも、なんとなく、書き続ける。



書いているうちに、



あぁ、自分はこんなこと思っていたんだと分かることが多くて、



僕は書くというより、どちらかと言えば、自分の心を編集している感覚。



でもその言葉が、ときどき誰かの琴線に触れて、



ふっと笑わせたり、涙させたり、すごく考えさせたりする。



もちろん、ときに、誰かを傷つけてしまうことも、あるけれど。





僕は今日、君に何があったのかも知らないし、



キミがどんな思いでこの1日を過ごしたのかも知らない。



これからあなたに、何があるのかもたぶん、知らない。



でもここに来て、これを読んでくれているということは、



きっと、「何かを変えたい」と、思っているはずで。



たとえそれが、意識的であっても、無意識的であっても。



それは僕たちが、深い部分でつながっているということ。





僕は難解な言葉は使えないし、そんな言葉は、そもそも知らない。



でも、僕は僕なりのフィルターで、



このレンズから見た景色を、心の思うままに、



ここに書き留める。



言葉の上で身体や心を動かすことで、



僕は、はじめて自由になる。



それはきっと、君も同じ。



退屈な印象の服に差し色を入れるように、



あなたの毎日に、この文章が彩りを添えられるかもしれない。



そうであったらいいと思って、



僕は今日も、言葉を綴る。



そしてあなたには、きっと、



想像もつかないような未来が待っている。



お互いもちろん、色々とあるだろうけれど。



僕はいつも、



ここで、あなたを応援している。


https://www.kotochika.com/posts/1226089

言葉のちから

僕らの言葉と想いと行動が きっと世界を変えていく 少しだけいい方向に

0コメント

  • 1000 / 1000