スカーレット 〜超短編〜



彼女の名はスカーレット。本名は知らない。



僕は彼女にまた会えるかもしれなし、会えないかもしれない。



僕は彼女に精神的な結びつきを感じたが、彼女が僕にそんなものを感じたのかは知らない。



彼女の名はスカーレット。



スターレットでもなくスタートレックでもなく、スカーレット。



「スピッツが好きなのかい?」と僕は訊ねてみた。



「なにそれ?」そう言って彼女はペリエを飲んだ(そのとき彼女はペリエの小瓶を持っていた)。



我々は高校生で、それはひどく微妙な年頃だった。





その日僕はいつもどおり屋上で夕日を眺めていた。



日没の1時間前に屋上に登り、コーラのプルリング引く。



そして1/3を一気に飲んで、思い切りゲップをする。



それが夕日を見るための儀式のような作業だった。



屋上からの夕日。プルリング。大きなゲップ。



その日も、悪くない流れだった。





しばらくして背後から足音が聞こえたので、僕はあれこれ言い訳を考えた。



(あぁ、先生。こんなところで会うなんて偶然ですね。



えぇ、そうです。テニスボールを探していたら、ここにたどり着いたんです。



え? そうです。野球ボールではなく、テニスボールを探していたんです。)



いや、これではダメだ信憑性がない。



やはり野球ボールでいこう、と決めて僕が振り向くと、それは先生ではなかった。



彼女は僕の右手の限界の少し先のあたりに腰掛けて、ペリエを開けた。



そして「よく来るの?」と訊ねた。



「まあね」と僕は答えた。「野球ボールを探しに来るんだ」



「野球ボール?」と彼女は言った。



「いや、なんでもない。ただの予行練習さ」



彼女は何かを探すように僕の顔をじっと見つめた。



その瞳をよく見ると、僕がはっきりと映っているのが分かった。



「夕日って大嫌い」と少ししてから彼女は言った。



「なぜ?」



「すごく綺麗だから」と彼女は言った。



「綺麗だから、嫌いなの?」



彼女は2センチくらい肯いた。「綺麗なものはみんな嫌い」



「ふうん」と僕は言った。「僕は夕日が好きだけどね」



「あなたは綺麗なものがどうなっちゃうか、知らないのよ」



「そうかもしれない」と僕は認めた。



そんなこと知るわけがないし、別に知らなくてもいい。そう思った。



「でも夕日は衰えたり、変化したりしないぜ?」



だから大嫌いなの、と彼女は言った。



「綺麗なものは崩れたり、壊れたりしなきゃダメなの。



綺麗なのに、明日も明後日も、来年も再来年も、



20年後も100年後も綺麗だなんて、許されないのよ」



「だから夕日は特別に大嫌いってわけ?」と僕は訊ねた。



「そう」と彼女は言った。「綺麗なものも嫌い。



それはいずれなくなってしまうから。



だけど形の変わらない綺麗なものはもっと嫌い」



「なら、なんでまた、そんなに嫌いなものをわざわざ見に来たわけ?」



僕は返事を待ってみたが、結局彼女は何も言わなかった。



その代わりにまたじっと僕を見つめた。



僕は少し居心地が悪くなってコーラをほとんど飲みきってしまった。





それは見たことのない顔だった。



廊下ですれ違った記憶もなければ、球技大会で見かけたこともなかった。



顔の作りは比較的整った部類に入るだろうけど、



極めて印象の薄い不思議な作りをしていた。



特徴といえば、薄く横に引かれた唇くらいだった。



「あなた何年生?」と彼女はその唇をわずかに動かして言った。



「2年生だよ」と僕は彼女の反応を見逃さないように答えた。「君は?」



「学年なんていいじゃない、別に」



「君が聞いたんだろ?」



「ねぇ、さっきの質問に答えてなかったわよね、



私。わざわざ嫌いなものを見に来る理由」



そうだね、と僕はあきらめて言った。



「逃げたくないのよ」と彼女は言った。



「綺麗で邪悪で、変わらなくておぞましいものから、私は逃げたくないの」



僕は黙って彼女を見つめた。



「逃げたくもないし、見ないふりをしたくもない」



「ずいぶんタフな生き方だね」と僕は言った。



「僕はそんなものからは、片っ端から逃げてきたけど」



今日の補講からだって逃げてきたんだ、と言おうとしたけど、僕は黙っておいた。



「人生に対する、態度の違いね」と彼女は言った。



「人生に対する態度の違い。



なるほど。悪くない表現だ。



たしかに。僕たちは態度が違う」



夕日の傾き方からすると、そこに座りはじめてから20分ばかり経ったころだと僕は当たりをつけた。



ここに来ると時間の感覚に鋭くなるのだ。



僕はほとんど残っていないコーラをちびちびと飲み続けたが、



彼女はそれ以上ペリエを飲まなかった。



ところで、と僕は言った。「君、名前は?」



「スカーレット」と彼女は言った。



それはまるで用意していたように滑(すべ)らかだった。



「スカーレット?」



「そう、スカーレット」



「それが君の本名なの?」と僕は言った。



「まさか」と言って彼女は肩を軽く上げた。



「なら」と僕は言った。「スピッツが好きなのかい?」



「なにそれ?」



我々はそれから15分ばかり一緒に座り、同じ夕日を見続けた。



飲んでいるものも違えば、生き方も違ったが、我々は同じものを分かつ二人だった。





「ねぇ、私が先に帰るわね」と彼女は夕日を見たままで言った。



僕は彼女の方を見た。



細い唇に引かれたグロスかなにかが、夕日を受けてつるりと光っていた。



「でも、あそこを降りるのはけっこう厄介だぜ?」と僕は言った。



「たいていのものは登るときよりも降りるときの方が危ないんだ」



「大丈夫よ」と彼女はきっぱり言った。



5月の乾いた風が彼女の頬を撫でてから、僕の頬に当たった。



僕はそこに彼女の匂いを探したが、何もつかまえることができなかった。



「わかったよ」と僕は言った。



彼女は立ち上がって、スカートをハタハタと叩き、



スタスタと屋上の端に消えて行った。



僕は耳を澄ませて彼女が無事に降りられるか探っていたが、それらしい音は聞こえなかった。



彼女がいた場所を見ると、ペリエの小瓶が残されていた。



僕はそれを無理やり右ポケットに詰め込んで階段を降りた。



明日もまた晴れたらいい、と僕は思った。



(おわり)



【その他の超短編】

↓↓↓

言葉のちから

僕らの言葉と想いと行動が きっと世界を変えていく 少しだけいい方向に

0コメント

  • 1000 / 1000