人は鏡?

2年以上も前に書いた文章ですが、


今もだいたい、同じようなこと、思っています。


周りの人が「自分の有り様(よう)」を教えてくれる。


僕はそう考えています。


この言葉があなたの役に立ちますように。

言葉のちから

人は鏡?



最近「人って鏡だなぁ」って思うことがしばしばあります。



たとえば、周りの人の態度が少し横柄に見えたり、



誰かに対する態度が少し雑な人がいたり、お礼を言わない人がいたり、



こんなことに少しイラっとしてしまうことが最近あったんですが、




実はこれ、全部自分だったんです。




「僕自身」が以前に比べて人への対応が雑だったり、少し偉そうになっていたり、



人の行為を当たり前だと思っていて感謝の言葉を忘れていたり、と、



結局、全部自分だったんです。




も少し変なことを言うと、「誰かに対してイラっとする部分」って



実は「自分自身の嫌な部分」だったりします。




自分は色々とでしゃばったり、


人に対して大きく出たりしてしまう部分がある。




と自覚していて、しかもそれが自分でも嫌いな場合、



でしゃばったり、大きく出たりしている人を見るとイライラする。




”はっきり決められない自分、

優柔不断な部分が自分にはある。”




そんな自分が許せない場合、



色々と決めるまでに時間がかかっていたり、



躊躇している人を見るとイライラしてしまう。




その人が嫌いなんじゃなくて、



「そんな(過去の)自分」が嫌いなんです。




「周りの人は自分の鏡」という視点から世界を見てみると、ときどきゾッとします。




なんか最近自分の意見をやたら否定する人がいる、と感じたら



自分が誰かのこと(もしくは自分自身のこと)を否定しているのかもしれない。




なんか最近イライラしている人に多く出会うなぁ、と感じたら、



自分自身がイライラしているだけだったりする。




なんか最近話を聞いてくれない人が多いなぁ、と思ったら



自分が人の話を聞けていなかったりする。




なんか最近やったら感謝されることが増えてきたと感じたら、



自分が周りに感謝を表現していた。




これはほんの一例ですし、



僕が勝手に感じていることなので、無理に信じる必要もありません。




でも、もし「周りが自分を映す鏡」だったら…



自分が何か変化することで、周りの人や環境が変化してくるはずです。




鏡に映っている自分に向かって、


「お前笑えよ!」って言っても絶対に笑ってもらえません。




まずは自分が笑ってみる。そうすれば当たり前ですが、鏡の中の自分も笑う。




そう考えると、いつも笑っているあの人の周りには、



笑顔が絶えないのも頷けますね。




(自分がファイティングポーズをとってしまったら、そりゃぁ相手も身構えたくもなりますよ。)




だからまずは「自分から」



ほほ笑んでみる、優しくしてみる、



話を聴いてみる、許してみる、受け入れてみる。




そんな1週間にできたらいいなぁ、って思います。



それでは今週も宜しくお願いします。



https://www.kotochika.com/posts/418432

言葉のちから

僕らの言葉と想いと行動が きっと世界を変えていく 少しだけいい方向に

0コメント

  • 1000 / 1000